2018年7月7日土曜日

<7月の放送>日本画家 高山辰雄



今回は日本画家 高山辰雄をご紹介しました。
大分県は古くから多くの芸術家を輩出しています。
代表的な人物として田能村竹田、福田平八郎、朝倉文夫、
宇治山哲平がいます。高山辰雄もその代表的な一人です。

私自身、高山辰雄は名前は知っていましたが、彼の作品ついての
知識は全く皆無で、今回の番組を通して作品をはじめ、その考え方や
人生観を知ることができました。
一人の芸術家の作品や人生を追うことで尊いことに触れた様な気に
なります。

その高山辰雄は幼少のころから田能村竹田や福田平八郎の作品に
触れることが多く、ものごこころつく頃には画家を志していたと
言います。
自らが目指した絵画で、高山は人をテーマに描き続けました。
時代とともに影響を受けた画家よって作風の変化はあるものの
本来のテーマである人は晩年までぶれることはありませんでした。
晩年の作品には風景が多く見られます。ふるさと大分を思い描かれた
自然はどことなく人の温かさにも似た、やさしさを感じます。

私自身がその作品で一番感銘を受けたのが、最後に描かれた自画像です。
その自画像には色がなく杖をついた高山自身の姿を描いています。
顔ははっきりと描かれずぼんやりとしています。
彼自身がどんな思いで自分と向き合い、何を考えその作品をつくったのか
ははっきりとしたことは言えませんが、それは答えでなく、ひとつの疑問
だったのではと思います。
人をテーマに描き続け、最後は自分という人に目を向けたこと、それは人って
何、自分って何、そんな純粋で素朴な疑問を最後の作品が語りかけてくる様な
気がしています。

そんな芸術家の最後の作品は一見の価値があると思います。
ぜひ、OPAMで開催中の人間・高山辰雄展へ足を運んでみてはいかがですか。



<視聴者プレゼント>


今回は番組をご覧のみなさまに高山辰雄展の図録を抽選で
4名のみなさまにプレゼントいたします。

<風之荘のお知らせ>


今回は6月6日、大道町の風之荘本館で開催しました平成29年度 物故者慰霊祭の模様をお届けいたしました。今回の慰霊祭のテーマは主人公、誰しもが人生の主人公であり、その責任者であることを意味しています。そのテーマに沿ってつくられた祭壇は独創的で、祭壇上の故人様の名簿のスクリーンにプロジェクターを2台使用して、映像やスライドを上映しました。
風之荘では初の試みでしたが、途中スライドがフリーズするなどのトラブルがあり、絵本の朗読の際、イラストのスライドを流す予定でしたがパソコンのアプリが突如動かなくなり、絵本の朗読が簡素になってしまいスタッフとしてはお見苦しい限りで申し訳ありませんとしか言いようがありませんでした。
幸いにしてその時は花の映像だったのでその場をしのぐことはできましたが次回はそういった部分も改善したいと考えています。裏方のお話で恐縮します。
ともあれ多くの方にご参列いただきました物故者慰霊祭は今後も風之荘で開催する予定です。

2018年6月2日土曜日

<6月の放送> 大分の日本銀行総裁


今月は「大分の日本銀行総裁」と題し、大分県出身の4人の日本銀 行総裁経験者をご紹介致しました。
みなさんは日本銀行に行かれたことはありますか?
私は今回の取材で初めて訪問したのですが、とても興味深い経験が できました。
そもそも日本銀行は「銀行の為の銀行」であり、縁遠いように感じ ますが、一般の人も個人で
入ることができます。
その利用する人の大半は「紙幣の交換」ために来られるそうです。 破損したり、古くなった紙幣を
交換しに行くということですね。 実は交換した紙幣は処分されるんですが、その量はなんと1日で
バスタブ1杯分程にもなるんだとか!いくら分なんでしょうね!?
更に、この交換した紙幣がその後どうなっているのか知っています か?
各都道府県にもよるそうなんですが、大分県では何とトイレットペ ーパーに生まれ変わっているんです!
知ってましたか? とってもありがたみのあるトイレットペーパーですよね。
更に驚きなのが、まだお札が再利用される前は実は家庭用のゴミと して処理されていたそうです。
ゴミ捨袋に詰まった紙幣を見てゴミ回収の方も驚くでしょうし、何 とも「時代だな」という感じもしますね。
現在は家庭用ゴミとして出されることはありませんのでご安心を。
さて、日本銀行大分支店では支店見学も行っています。
私たちが知らない日本銀行についてわかりやすくお話をしてくれた り、体験コーナーなどもあります。
自分の身長を積み上げたお札で計れたり、1億円の紙幣の重さを体 験することができたり、お札で作られた
府内城などを見ることができます。
開催期間はHPで告知があるそうなので是非チェックしてみてください。

<6月のプレゼント>


今回は、「日銀本館クッキー」を抽選で10名のみなさまにプレゼ ントします。

2018年5月6日日曜日

<5月の放送>大分の昔話


今回は、大分の昔話と題して5月5日に玖珠町で開催される童話祭にちなみ
玖珠町伝わる昔話の中から竜神の目玉と伐株伝説の2本、ご紹介しました。

昔話は、それぞれテイストの異なるイラストのアニメーションで表現しましたが
語りや登場人物の声は大分声優・演技教室の生徒のみなさんにご協力いただきました。
この教室は、実際に東京で活動されていた声優の方が主宰の教室で、基本的な
発声や発音などの基礎練習から、演技の練習まで様々なレッスンを行っています。

これまでは、教室を主宰される先生に声の出演をお願いしていましたが
先生のご提案で教室の生徒たちで演じさせていただけないかと提案もあり、
願ってもない提案だったので実現する運びとなりました。
そういった理由もあり、今回は教室で声優を目指している生徒さんのみなさんが
色んな役柄を演じています。

絵の表現力もさることながら、声の表現力や演技力が加わることでキャラクターに
命が宿ったように感じられました。
そういった意味でも楽しめる作品になっていると思いますので是非ご覧ください。

<5月のプレゼント>



今月は昨年リニューアルオープンした久留島記念館(玖珠町)から記念館の
オリジナルグッズと久留島武彦の本をセットにして抽選で3名のみなさんに
プレゼントいたします。