2019年11月10日日曜日

11月の放送「大分のキリスト教史」

 

今回は大分に伝わり広まったキリスト教の歴史について迫りました。
大分でのキリスト教の始まりは大友宗麟とフランシスコ・ザビエルの出会いがきっかけです。
この2人の出会いにより府内を中心にキリスト教は広まっていったのです。


さて、時は流れキリスト教が禁教の時代のお話に移りますが、この頃のキーワードといえば誰もが知っている「踏絵」ではないでしょうか?
今回の展示でもご紹介されていましたが、私は教科書でしか見たことがなかったので最初の感想は「本当に存在したんだ」という思いが強かったです。
そんな踏絵ですが今回「板踏絵」と「真鍮踏絵」の2つが展示されていました。
板踏絵はキリスト教徒から没収したものをそのまま板にはめ込んだタイプで、真鍮踏絵は幕府が没収したものに似せて作ったものです。
この2つ比べるとそのディティールには明らかな差があります。
これは、幕府が作る際にはそこに描かれた絵の意味や信仰の対象に重きをおいておらず、形を似せることに注意して作られているように感じます。
これにより、真鍮踏絵は一部のキリスト教徒にとっては踏絵としての意味をなさなかったと言う学者の方もいらっしゃるようです。
確かにここまでぼんやり描かれていたらこれは「イエス様ではない」と思宇ことができ、踏みやすかったかもしれませんよね。
信仰をを続ける人とそれを絶つ人、それぞれの間の溝はいろんな意味で深かったのだと感じさせられます。

そういえば大分県立先哲史料館の次回の展示は大友宗麟に関わるものになるそうですよ。
この番組と併せて見に行くと新たな発見があるかもしれませんね。
 

11月のプレゼント



今回は「南蛮菓 ざびえる」を抽選で10名の方にプレゼントいたします。

2019年10月4日金曜日

10月の放送 来豊者 彼らが見たおおいた


今回は大分県立歴史博物館で開催中の「来豊者 彼らが見たおおいた」にお邪魔し、おおいたを訪れた人が見たおおいたをご紹介しました。

現在大分ではラグビーW杯が開催されおおいに盛り上がっています。
メイン会場の祝祭の広場では、大分で試合のある各国のグルメなどが並びパブリックビューイングが楽しめ、連日連夜様々なイベントが開催され多くの人々が足を運んでいます。

観光客を大分に迎えるにあたり、今回解説をお願いした村上さんは
「大分の歴史や文化を知らなければ大分の魅力を相手に伝えることができない」というニュアンスのコメントを残していました。
まさにその通りなのです。

大分に来た観光客に対して私たちは何をしなければならないのか?
それは道案内であったり、一緒に盛り上がることであったり、居酒屋でおすすめのメニューを選んであげたりなども素敵なおもてなしと言えるでしょう。
しかし、1番やらなければならいことがあります。
それは大分の魅力を私たち自身が私たちの言葉で発信するということなのです。
大分とはどんな風土でどんな街であるのか?訪れる人たちはきっと知りたいと思っているはずです。
それには大分について歴史や文化、そして誇るべきものに詳しくなければならないのです。
この展覧会を通して大分に少しでも詳しくなり、外からやってくる来豊者のみなさんに大分の魅力を伝えられるキッカケになれば素敵だなと感じました。

是非この機会に県外の方、さらには海外の方と触れ合い、大分の魅力を発信していきましょう。

10月のプレゼント

今回は「来豊者 彼らが見たおおいた」の図録を5名の方にプレゼントいたします


2019年9月8日日曜日

<9月の放送> 小説の舞台になった大分




今回は「小説の舞台になった大分」と題し、大分県の史実に基づき書かれた小説をご紹介しました。
百田尚樹氏の「永遠の0」、阿川弘之氏の「雲の墓標」、遠藤周作氏の「王の挽歌」、そして火野葦平氏の「ただいま零匹」の4冊です。

戦争をテーマとした「永遠の0」と「雲の墓標」は、宇佐航空隊に関して描かれています。「王の挽歌」と「ただいま零匹」はそれぞれ大分市にゆかりのある内容となっています。


今回「王の挽歌」の取材で顕徳町にある「南蛮BVNGO交流館」にお邪魔しました。昨年オープンしたばかりの施設で、場所は少し分かりづらいですが宗麟大橋の近くの大友氏遺跡の中にあります。
交流館では大分が誇る戦国大名大友宗麟について、ボランティアガイドの皆さんが詳しくお話をしてくださり、また最新の映像で大友宗麟の功績について
学ぶことができます。

中でも注目は、大友氏遺跡の中で、最新の技術を駆使したVRを体験することができるんです!
遺跡を見るだけでは正直大友館の全体図などはイメージできませんが、このVRを使うと再現された建物や庭園などを見ることができ、当時の暮らしぶりに想いを馳せることができるのです。
ちなみに今回番組の中でも何枚かお写真をお借りしてご紹介しておりますのでチェックしてみてくださいね。
このVR体験は中々感動ものですので是非「王の挽歌」を片手に「南蛮BVNGO交流館」に足を運んでみては?

<9月のプレゼント>



今回は番組内でご紹介した書籍をセットにして5名の方にプレゼントいたします。

2019年7月3日水曜日

<7月の放送 大分の近代化遺産>


今回は「大分の近代化遺産」と題し、明治から昭和にかけて建設され、
今尚活用され続けている大分県の近代化遺産を紐解き、大分を支えて
きた建造物の魅力に迫りました。

今回私は水ノ子島灯台に取材にお邪魔させていただきました。
水ノ子島海事資料館で観光ガイドを務める肥後さんに、色々とお話を
伺ったのですが、資料館には観光目的の方以外に、漁業関係者の方や
船舶関係のお仕事をされている方なども訪れることがあると聞きました。
「海を通過する際に灯台をよく目にし、気になっていた」という方も
少なくないと言います。

海事資料館に訪れる方は主に灯台や灯台守の歴史を学びにやってくるのだそうです。水ノ子島海事資料館には、当時5世帯の灯台守の家族が住んでいました。
彼らが守り続けてきた灯台を、現代の船乗りたちはどんな思いで見ているのでしょうね。

今回普段観光船として灯台を案内している方にご協力いただき、灯台まで送迎していただきました。
水ノ子島灯台は現在海上保安庁の管轄のため、許可なしに上陸することは許されておらず、残念ながら船上からの撮影&見学となります。
しかし、近くで見る灯台は想像以上に大きく、近隣の激しい潮流と相まってそれは異様な雰囲気を醸し出していました。
写真では感じることはできない灯台のスケール感や迫力がそこにはありました。

夏シーズンになると近隣の観光地と合わせた見学ツアーなども開催されているようなので、是非その目で一度水ノ子島灯台を見てみませんか?その価値は絶対にあると思います。
ただし往復1時間の道のりになりますので、乗り物に弱い方は酔い止め薬をお忘れなく。